歯科矯正15回目の調整 親知らずの装置が撮れていた!

©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正15回目の調整 親知らずの装置が撮れていた!

前回の14回目の記事の最後にちょっとした違和感のお話をしたかと思います。

今日はこの原因のお話から進めて、15回目の調整内容をご紹介したいと思います。


矯正の装置が取れた!

15回目の調整日より約1週間前位から、左上の親知らず付近に矯正ワイヤーが余っている様な感じがありました。
順調に移動が進んでいるのだなぁと呑気に構えていたら、実はとんでも無い事が起きていました。

なんと、装置が取れて無くなっていました。

先生が、調整時に口内を確認した際に「上の左奥、ワイヤーが当たって痛くなかったですか?」と聞かれました。

ワイヤーから奥へそんなに飛び出ているのか?と思いましたが、さほど痛みはありません。

ですので、「痛くなかったですよ?」と答えますと、先生が「そうですか、実は装置が取れています。」と教えて下さいました。

とても驚きましたので、思わず大きな声で「えぇぇぇ!!全く心当たりがありませんよ!!」と返事をしてしまいました。

指摘されるまで、全く気が付かなかったのです。

という事で、「先生、そうでしたら多分飲み込んでいます・・・」とまたしても誤飲をした様です。

実は以前に矯正のワイヤーが折れて誤飲したっぽい事がありました。
気になる人は下記のエントリーでご確認下さい。

「誤飲が起きた時の対処は無い?」歯科矯正のワイヤーが折れて誤飲?? 前編

「事故の状況や原因など」歯科矯正のワイヤーが折れて誤飲?? 後編

先生は、「装置が外れる事は珍しい事では無いので、体内に入っても問題はありません。大きな心配は無いですよ」と教えてくれました。

ワイヤーの誤飲の時は何となく胸がつかえた様な感覚がありましたが、装置に到っては心当たりもなければ、誤飲をした感覚もありません。

恐らく食事の際に食べてしまったのだと思います。

それから、左上親知らずの装置が外れてしまった原因の一つに、「銀歯」という事もあるみたいです。

最初に装置を付けた際に、銀歯に装置を付けるのは治療していない歯に付けるよりも外れやすいという説明を受けていました。
なので、その時はしっかり接着されているか確認するために、ワイヤーを通さずに1か月を過ごしました。

ですので、ワイヤーを通して力がかかっているのもあって少し外れやすい状態だったのかもしれません。

今回は、前の接着剤と異なる種類で装置を付けますとの事で、再びつけて頂きました。


装置が外れた弊害?

左上の親知らずの装置が外れ、ワイヤーの調整が一時的に乱れたのでしょうか?
先生がおっしゃるには、前歯が少しずれているので、装置を付け変えたいとの事でした。

毎日自分の顔を見ていますし、歯磨きの時に前歯を見てはいますが、全く気が付きませんでした。
矯正の先生はやっぱり凄いですね。

という事で上の前歯2本の装置の付け替えがありました。

付け替えという事で、装置を剥がす訳ですが、意外と簡単?に外れます。
少し歯に力がかかりますが、強固に付いている割には外す工程は複雑ではないように思います。
ですので、付け替えの治療も思っているよりスムーズに終わりました。

そして上の歯のワイヤーを取り替えて、治療が完了です。

写真が気にならない人は、下記のリンクに歯の写真が載っています。
写真で見ても付け替えた位置がわからない位に繊細な作業ですね。

治療の写真 2019年 前半 - さんがつの歯科矯正を始めます


いつもの調整では、1本のワイヤー交換と細かな装置の調整を行います。

歯の並びを何度も確認し、クリアスナップを全部はずし、ワイヤーを取ります。
そこで再度歯の並びや噛み合わせを確認します。

現状確認がおわったら、新しいワイヤーを通します。
このワイヤーも何度かつけたり外したりするので、どうやら細かな調整を行っている様です。

そしてワイヤーが通れば、今度は固定装置の設置です。
クリアスナップでパチンパチンと留める歯もあれば、固定装置を付けないで、パワーチェーンのみの場合もあります。
逆にしっかりと、針金の様な細いワイヤーで固定する事もあります。

全部の歯が同じ固定装置の場合もありますし、個々に異なる固定の場合もあります。
本当に歯の矯正治療は細かな調整の連続なんですね。

こういう流れで月に一度、約1時間治療を行っています。


という事で、15回目の調整の様子をご紹介させて頂きました。

ほんの少しの期間だと思うのですが、装置が外れた事により、治療とはイレギュラーな歯の移動があったのかもしれません。
今回は装置の治療が大変だったので時間もいつもより長くなってしまいました。

少し変な感想ですが、矯正って金額だけで見ると高いのですが、こんなに細かな治療なのでしたら、高額になるはずだ!とも思いました。

歯の矯正ってものすごく繊細な作業なんだなぁと再認識した15回目の調整でした。


関連する記事(一部広告を含みます)

コメント