歯並びを綺麗に整えたい!歯科矯正のクリニック選びで大切な事

今回のエントリーは、歯科矯正の「クリニック選びについて大切な事」です。
歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます
治療する医院を決める前にネットで調べたり、実際に無料相談を受けたりした経験から、感じた事や学んだ事から、私なりにまとめてみましたので、少しご紹介したいと思います。

歯の矯正治療「専門医・指導医・認定医」とは?

歯科矯正・歯列矯正の専門性について

現在日本では、歯科医師の免許があれば、歯科矯正の治療を行う事ができます。
つまり、「歯科矯正(歯列矯正)に特化した免許や資格等は無い」と言う事です。

極端な事を言うと、歯科医師は矯正の知識が無くても治療が出来るという事です。矯正を始めるに当たり、Webサイトやブログ等を見てみると、ネガティブな言葉をみかけました。
「治療終了だと言われたが納得出来ない」
「矯正が失敗したと思う」
「いつまでも終わらない」
「矯正をやり直したい」
この様なブログ記事を目にした事はありませんか?
矯正が失敗したというお話は、少しネットで検索すると目にすることがあります。また、治療がなかなか終わらないというお話もありました。

一概にそうだとは言えませんが、もしその原因が知識や経験のない先生の元での治療だとしたら恐ろしい事です。


専門医、指導医、認定医という資格

そんな中で行き着いたのが、日本歯科矯正専門医認定機構(「日本矯正歯科学会」・「日本成人矯正歯科学会」・「日本舌側矯正歯科学会」が所属していました。)の以下の医師の存在でした。
歯科矯正医の審査認定について JIO 一般社団法人 日本矯正歯科協会
専門医
指導医
認定医
ざっくり言うと、「矯正を選ぶ目安として、上の団体は資格を審査認定していまよ」という事でしょうか。
この協会で認定されたお医者様の元で治療を受ければ、まず問題が起こりにくいと考えられます。

私も下記のサイト様にも行き着いて検索し、通院しやすいクリニックを探してみました。最終的に認定医の資格のある先生の医院でお世話になって、現在治療中です。

矯正治療をお考えなら
矯正歯科の口コミ・医院検索・情報提供サイト『e-矯正歯科.com』
日本矯正歯科学会 認定医・専門医名簿一覧 「日本矯正歯科学会」


通院がしやすいクリニックとは?

クリックの場所は勤務地や自宅から近い方が良い

当然ですが、自宅や職場から通いやすい場所にあるクリニックが一番良いです。
私も自宅からと、仕事の帰りに通院できる距離のクリニックを選びました。

矯正は月に一度位の通院ですが、長い治療期間中には、何かのトラブルが発生する可能性がり、ゼロでは無いです。
順調に行けば月に一度という感覚ですが、何かあった場合には直ぐに処置をしてもらう必要が起こりえます。
ですので、治療の為に何時間もかかる距離にあるのは、時間的にも経済的にも大変です。


医師との相性や雰囲気は無料相談で確認

続いてお医者様との相性です。こればかりは、個人差があり、実際に話をしてみませんと分かりません。

矯正については、各クリニックで相談日を設定している所もあるので、まずは実際に会って話をしてみてください。(矯正の無料相談を行っている所もあります。)

その時に「クリニック全体の雰囲気が悪いと感じた」や、「こちらの質問に答えてくれない」などの不審な点があれば、やめておいた方が良いかもしれません。
私は2件のみの無料相談でしたが、どっちも雰囲気の良いクリニックで、先生も誠実そうな方でした。

治療については、自分自身の事なので、希望や質問はどんどん出した方がいいと思います。
そして自分の期待通りの返事を言ってくれる医者が良い医者という訳ではありません。
「医師は納得のいく説明をしてくれるか?」
「質問がしやすいか?」
「治療の方針はわかりやすいか?」
「金額について明確な説明があるか?」
「治療の流れについてデメリットの説明はあるか?」
という事が大切だと思います。


クリニック選びのポイント6点

1.矯正の専門医、認定医に治療してもらえるクリニックである
2.清潔感があり、医師、スタッフ共通に雰囲気が良い!と思うクリニックである
3.こちらの質問や疑問に的確な返事がある
4.治療費について説明がある
5.治療内容や方針について説明がある
6.勤務地や自宅から通いやすい場所である
私が選んだ基準や、実際に治療を始めて感じた事を踏まえて、6点程書き出してしてみました。

大人の歯科矯正は、そう何度も行うものではないと思います。また、抜歯を行った場合、もう歯は生え変わっては来ません。

そういったやり直しが難しい事例もあるかと思いますで、時間がかかっても慎重かつ、納得のいくまで探して頂きたいなぁって思います。


関連する記事(一部広告を含みます)

コメント