治療を始める前に必ず受けるべき!「歯科矯正の無料診断に行きました」

「歯科矯正の無料相談を受けた話」という事で、私がクリニック選びの際に受診した、2件の無料相談の診断の様子や内容について書いていきたいと思います。
歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます

矯正の無料相談は予約制が多い

私が受けた2つの病院は、無料相談の日程が予め決まっていましたので、先ず無料相談の予約をしました。
ネットで調べてみても「事前に予約が必要」という医院が多いと思いました。
受けてみたい!と思ったらまずは直ぐに予約を入れて下さい。

私場合、相談日の予約が空いている日程と、自分の個人的な用事との都合で、どちらも連絡を入れた日から1か月程先の予約になってしまいました。
私はせっかちな性格なので、「そんなに先になるのか〜!」と思った記憶があります。

「歯科矯正は長い年月がかかる!」との、最初の教訓になりました。

という事で、続いて私が受診した「Aクリニック」と「B病院」の2つの病院での相談内容をご紹介します。


一般歯科と併設「Aクリニック」

一般歯科にある矯正治療の大きなメリット

まず初めに、Aクリニックは普通の一般歯科と矯正歯科が併設しているクリニックです。
矯正医院というのは、矯正を専門に行っている場合が多く、矯正以外の治療は一般歯科だったり、口腔外科を掲げている歯科医院で行う必要があります。

ですので、一般歯科と矯正治療が併設されている医院には大きなメリットがあります。
それは矯正前に抜歯が必要であったり、期間中に虫歯になってしまう事、矯正治療以外で歯のトラブルが起きる場合があるからです。
そうした時に患者側目線でスムーズだと言う事と、通院が楽だと言う事です。
「担当の先生方の治療についての意志疎通が簡単」
「診察の予約のやり取りが、同じクリニック内で可能」
という事で、上記の内容が魅力的に感じられたので、矯正相談の予約をしました。


無料相談の内容

矯正の無料相談と言う事で、簡単に矯正治療の説明がありました。
パンフレットや医院での資料、模型等を用いてわかりやすく教えて下さいました。
そして実際の治療内容や金額等の説明がありました。

その後、診察室に向かって歯並びを見てもらいました。

こちらは親知らずの抜歯でお世話になっていたクリニックでしたので、その際に取ったレントゲンも見ていただいたかと記憶しています。


無料相談の結果

「簡単な診察なので、詳しくはレントゲンを撮ったり、色々調べてから方針は決まりますが・・・。」と言う前置きがあり下記の様な説明を受けました。

・上の前歯は出っ歯ぎみ。
・下の右側は親知らずが押出したようで、左側に比べてが前に落ち込んでいる。
・親知らずは、上下4本とも抜歯。
・親知らずの抜歯をした後で、上下の第4小臼歯を4本とも抜歯。
・下の歯列を後ろに下げるのに、ヘッドギアを使用してもらう。自宅では、出来る限り着用して欲しい。
・ヘッドギアを着用しても、歯列が後ろに下がるかどうかは難しい。
・上の右側は小臼歯を抜いても、スペースがあまり出来ない様なので、詳しい検査の上で考える必要がある。
・上の左側は、小臼歯を抜けば、十分なスペースが確保できるので、並ぶと思うが、スペースが余る可能性があるので、詳しい検査の上で再度考えたい。

との事でした。
端的に言うと、「親知らずを全部抜いて、他に4本の小臼歯を抜くけど、歯を並べるのには少々難しいかもしれない。 」という感じに受け取りました。

先生とのやり取りについは、説明が分かりやすい上にお話もしやすいと感じました。ですので治療のコミュニケーションを取って進めていく分には、全く問題が無いと感じました。

ただ、「歯を8本抜くけど、治療が難しくなるかも?」というような事を言われて、少しがっかりした気持ちになって帰宅しました。



歯科矯正の専門医院「B病院」

続いてB医院は、歯科矯正の専門医院です。
先の併設クリニックと違って矯正以外の治療はありません。

その上自宅から少し離れた場所にあるのですが、「無料相談を設定している」と、先のブログにあった「矯正認定医が治療を行っている」という様な事でしたので、とりあえず話を聞いてみる事にしました。

結果として私の矯正治療は、こちらのB医院で進める事となりました。



無料相談の内容

こちらもAクリニックと同じ様な流れで、矯正の説明と診察室で歯並びの確認をして頂きました。

矯正の説明も同じ様な感じで、資料や器具、模型を用いての矯正治療の説明があり、金額の提示もありました。

ただ、診察については前回のクリニックより丁寧で、何度も何度も歯の噛み合わせを確認して下さったと記憶しています。
歯並びも診て頂いたのですが、噛み合わせの確認の為に、口を開けたり閉じたりした記憶の方が大きいです。

レントゲンのついては記憶があいまいで、どうだったかは覚えていません。


無料相談の結果

歯並びについては、Aクリニックと同じような指摘内容でした。
しかし、「先生によって治療の方針が全く違ってくるような歯並びかもしません。」との事でした。
「精密な検査の上で治療方針を考えますが・・・」と前置きがあり、

・下側の親知らずは、右も左の歯も横向きに生えているので、抜歯。
・経験上、下側の歯をこれ以上抜いて(親知らず以外の歯も抜いて)歯を並らべるのは、上の歯並びとの関係で良くは無いと思う。
下の歯並びは、歯(親知らず以外の歯)を抜いて並べると顎が小さくなる。もしこれ以上、顎が小さくなって、後方へ下がるというのは、見た目にも機能的にも良くなさそうだ。
・上の歯並びは、奥歯の大臼歯を抜いて、親知らずをこのまま生かして、奥歯として使用したい。
大臼歯を抜いたスペースに前の方の歯を後ろに下げて並べるという方法が良いように思う。

という事でした。
まさか、「親知らずを残して奥歯として使う」という選択肢があるとは、夢にも思いませんでした。

また、こちらで治療を行うという事であれば、「上側の親知らずを抜いていない状態で、もっと詳しい検査をしたいので、上側の親知らずの歯は抜かないで下さい。」とも言われました。

Aクリニックで、「合計8本の抜歯をする」という事を言われてショックが大きかったので、下の歯を抜かない方針や、先生の経験上の話(当然ですが、実際に治療の経験がある事など)がとても魅力的に感じましたので、帰る頃にはもうここでお世話になろうかと思っていました。

しかし、いくら突然猛進な性格の私といえども、「矯正治療は人生に一度!」だと思っていましたし、家族と相談の上で検討するべきだと思いましたので、「家族と相談してよく考えたいので、お返事は改めて連絡します。」と伝えて帰りました。



2件の無料相談をうけて・・・

という事で以上が、2件の医院での歯科矯正の無料相談時の内容になります。
Aクリニック
親知らず4本+小臼歯4本=8本抜歯
ヘッドギアの着用
検査次第でもう何本か歯を抜くかも?
B医院
下の親知らず2本+上の大臼歯2本=4本抜歯
親知らずを奥歯に利用
という事で、気持ちはB医院に傾いていました。
そして結果的にB医院で治療を進める事になったのですが、「親知らずを奥歯として利用する」という内容について、私が考えたり調べたりした事は、別の記事でご紹介したいと思います。

最後になりますが、この様に結果が大きく違った事や、矯正の病院の転院が難しい事。何度も治療を行うものではないという側面からも、病院の選定や治療の方向性の確認等も含めて、無料相談は是非にでも受けて頂きたいなぁと思います。


関連する記事(一部広告を含みます)

コメント