歯科矯正14回目の調整 上の前歯のスキマが気になる

さて、14回目の調整時お話です。

期間が空いていて、記憶に曖昧な部分があるので、すみません。
ですので、ざっくりのご紹介になります。

後半は、15回目の調整前に感じていた「装置の違和感」のお話があります。

©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正14回目の調整 上の前歯のスキマが気になる

14回目の調整

歯科矯正14回目の調整は、引き続いて上の歯の調整になりました。

というのも、上の前歯2本の両サイドに隙間が発生し、「空き歯(すきっぱ)」になっているのです。


©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正14回目の調整 上の前歯のスキマが気になる


「なんでこんな事なっているのか?」がよく分らないのですが、上の前歯が出っ歯のように大きく前方へ飛び出している様子は無さそうです。

ですので恐らくですが、「親知らず~犬歯の歯並びが整って移動のスペースがあるのに、前歯2本が後ろへ引っ込んでいないのでは?」とも考えられます。

そしてスペースがあるのに、「何故前歯が後方に引っ込まないか?」という理由ですが、恐らく「下の歯の並びが影響しているのでは?」と思います。

上の前歯は、下の前歯の前方に覆いかぶさる様に生えています。
つまり、下の歯より後ろへ下がれば「受け口」と言われる歯並びになります。
私の歯並びは受け口ではありません。

それを踏まえて、私の下の歯は、抜歯をしない状態(横向きに生えた親知らずは抜いていますが・・・)14本で矯正治療を進めています。

つまり、歯列の間に抜歯による強制的に作ったスペースはありません。

少し話を脱線しますが、これは「歯を後方に引っ込めるのは良くないのではないか?」という先生の治療方針です。

親知らずを活用??歯科矯正で奥歯を抜いて親知らずを奥歯にする?

ですが、歯の並びはガタガタなので、やはりスペースを確保しないといけません。
その治療のメインが歯の移動(傾きの調整も有ると思います)とディスキング治療です。

歯科矯正で歯を削る?下の歯列のディスクングをしました!

上記のディスキング治療は、今まで数回程行いましたが、治療直後は「何となく隙間が有るのかなぁ?」という感じです。

歯を削ると言っても、見た目で「大きく隙間が空いた!」と感じるような削り方では無いのでご安心下さい。

こうして歯に影響の無い範囲でほんの少し表面を削り(磨くと言われます)スペースを確保します。

私の場合は、上記の理由もあって、下の歯の移動は目に見えるような変化は少ないのです。
徐々に移動しながら、傾きや角度を変えながら、複雑に調整を行っている様な感じがします。

ですから、下の前歯が有る程度良い位置にならないと、それに被さる様に生える上の前歯も、綺麗に並ぶには時間がかかりそうな気もします。


という事で、先生が「大きな効果があるかわかりませんが、少しでも今よりスキマが広がらないように」という事で、上の前歯にガッツリとパワーチェーンが装着されました。

そして同じ様に下の前歯にもパワーチェーンが装着されました。

このパワーチェーンは、ゴムの様な樹脂製の連なる輪っか状になっており、装置に引っかけて歯の移動を促します。

歯科矯正8回目の調整 下の歯列だけで5か所もパワーチェーンが頑張っています!

装着に大きな違和感はありませんのでどうって事のない装置です。
ただ、少し問題があります。歯磨きのし難さと、着色問題ですかね。

パワーチェーンのスキマ磨きについては、私は毛の多い歯間ブラシでお手入れをしています。

しかし着色については、食後の歯磨きを直ぐに行う位しか予防がありません。
なので次の調整までの約1か月後には、どうしても着色してしまします。

今回は上にも下にも前面にガッツリパワーチェーンが装着されているので、だんだんと着色が気になってしまいました。



歯並びの様子と横顔

続いては、歯並びの様子をイラストにしたのでご覧下さい。
まず上の歯の様子。

写真を載せていますが(治療の写真 2019年 前半)少し分かりにくいですかね。
前歯の両横にスキマが出来ています。
©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正14回目の調整 上の前歯のスキマが気になる

続いて下の歯の様子です。
©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正14回目の調整 上の前歯のスキマが気になる


大きな変化は見られませんが、先に説明した通り、歯がぎっちり詰まっている様に見えます。

上の歯のようにスキマが見られないので移動があったかどうか分かりにくいですね。

矯正前の歯並びがこちらです。

©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正14回目の調整 上の前歯のスキマが気になる


比べるとよくわかりますが、綺麗なアーチ型になっていますね。


今回は、前歯のスキマが気になったので、本当に出っ歯になっていないか?が調べる為に横顔を写真を撮りました。
それでイラストにしてみました。


©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正14回目の調整 上の前歯のスキマが気になる

どうですか?
特別前歯が出っ歯という感じもないですね。

口を閉じていれば、下あごが引っ込んでいる雰囲気は無いのですが、口を「い」の形にすると、下の歯が若干後ろへ倒れ気味の様にも感じます。

このあたりは今後の矯正で何か変化があるかはわかりませんが、横から見た歯並びは、悪く無いようにも思いますので「特に問題なし?」になりますかね。



そして事件の予感・・・??

そして事件の予感です・・・。と言いますか、後に事件が発覚しました。
これは次回の15回目の調整の記事でご紹介させて頂きます。

実は15回目の調整日の1週間程前辺りから、左上の親知らずの様子が違っている様に感じていました。

いつもなら鏡で見たり、写真を撮ったりして目で確認するのですが、最近は忙しさもあって、そういうチェック的な事を行っていませんでした。

そして様子が違うと感じたのは、歯磨きの時です。

何となく、歯ブラシに矯正のワイヤーが当たる様な感じがしていたのです。

もしかして、親知らずがかなり動いて、「ワイヤーが装置の奥へ飛び出ているのでは?」なんて、呑気に考えていました。
何なら、ワイヤーが装置から飛び出てくる程に歯の移動が起きて「順調だ!」なんて考えていました。

で、これが既に事件になっています。


という事で、14回目の調整は、主に歯のすきっぱの治療?がメインになりました。
そして、前回に続いて矯正の顎間ゴムの使用が中断されています。

矯正も1年を超えると、どうやら調整が複雑になって、細かな調整が行われているようですよ。

関連する記事(一部広告を含みます)

コメント

okumari3 さんの投稿…
はじめまして。
ランキングから来ました。
歯科矯正、以前勧められたことがありましたが、
結局やりませんでした。
こういうことをやるんだなと思いながら、
読ませていただきました。
また機会があったら、遊びにきます。
さんがつ さんの投稿…
okumari3さん
はじめまして。
コメントありがとうございます!運営の励みになります!

歯科矯正は想像の通り、お金も期間もかかって大変な部分も多いです。
ですが、治療を始めて本当に良かったなぁと感じています。
(まだ先は長いですけどね)

拙いブログですが、こうして治療の内容を紹介させて頂く事が何かのお役に立てれば幸いです。
是非、また遊びにいらして下さい!