奥歯が後方へ動いた? 歯科矯正の下あご奥歯の後方移動について

矯正を始めて2月で1年になります。
今日は歯科矯正でヘッドギアを付けている方にも少し興味があるお話かもしれません。
下の奥歯が後方へ動いているように感じたので少しご紹介します。

©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正のイラスト

下あご奥歯は後方への移動が難しい

「下あごの奥歯は後方への移動が難しい」というのは、私が無料相談を受けた時に言われたお話の中にあります。

無料相談のお話は下記の記事にてご紹介済みですが、下あごの奥歯は後方(奥)へほとんど動かない上に、前に出る可能性が高いのでヘッドギアの着用が必要だと言われました。

治療を始める前に必ず受けるべき!「歯科矯正の無料診断に行きました」

その時のお話は納得が出来ましたし、今でも覚えていますので、イラストを交えて書いてみます。

まず下あごですが、人間の頭蓋骨を横から見るとこんな感じです。
(フリー画像の頭蓋骨のイラストを使用しています。)



©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正のイラスト



注目は矢印の方向です。下あごの水平方向の上下の位置を見ると、前歯へ行くほど下がっています。
ご自身の顔を触ってみてもわかりますが、下あご奥歯側より、あご先の方が上下の位置で言う所の下の方にあると思います。

あごがこの様な形状であるという事と、地球に重力がある事を考えると、奥歯は前面へずれ落ちる力が常にかかっていると考えられるそうです。
イラストで言うと矢印の方向に力がかかっているという解釈ですね。

ですので、奥歯を後方へ移動させる為には、ヘッドギアを付けてこれ以上ズレ落ちない事と、後方へ押し上げる力を加え続けたいが為に、長時間の着用が必要だと説明を受けました。



下側歯列の移動比較

しかし前回の記事で「下の奥歯で気になる事があって先生に質問をしてみましたので、その辺りのお話を書きたいと思います。」と言いました。

歯科矯正9回目の調整 いよいよゴム掛け開始!

またもう1つ前の記事で、奥歯にラインを引いて確認したおまけがありました。

正中は合っているのに、顎がずれている? 顎関節症を予防したい
もしかしたらお気づきの方が居らっしゃるかもしれませんが、親知らずが押したと思われる、右下の奥歯の位置が微妙に後方へ移動しているようなのです。


矯正開始時の下の歯

矯正前の歯列は下記のイラストの通りです。
向かって左の右7番の歯は左の7番より、歯の半個分ほど前面にズレている様にみえます。



©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正のイラスト

矯正開始時の下の歯

前回にお知らせした最終の歯並びはこちら。

©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正のイラスト

どうでしょうか?何だか奥歯が同じような位置に生えている様に見えます。
歯の写真が気にならない方は、新しい写真のページが出来ましたのでご覧下さい。

治療の写真 2019年 前半 



傾きの変化では?

問題の奥歯の矯正前と現在の歯を比較

ここでは別のイラストでもご紹介します。
わかりやすく横に並べてガイドラインを引いてみました。

写真の印象ではかなり後方へ移動した様に見えたのですが、ガイドラインではあまり変化が内容にも見えます。

©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正のイラスト


ただ、このガイドラインは、犬歯の位置を基準にしているため正確な比較にはなっていないかもしれません。

それに気になる事がもう1つあります。赤の矢印の広い?という部分です。
これも写真で見ますと、歯の側面が見えて、7番と6番にスキマが開いている様に見えます。


歯の根の位置が同じなら、傾きの変化では?

歯の生えている位置が同じでも、歯の傾きが変わって移動した様に見える場合があります。
イラストを交えて説明します。

ガイドラインは傾きを変える前の歯の位置を表しています。
ピンクのラインは歯の根の位置。
黄色のラインは歯の上面の後ろ方の位置。

歯の根の位置(ピンクのガイドライン)を替えずに歯の上面の角度を水平に近づけたものが下側のイラストです。


©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正のイラスト


こうして傾きを変えるだけで歯が後方へ移動した様にも見えますね。

私の奥歯は、横向きに生えた親知らずを抜いたので、斜め方向にかかる力が無くなり、歯の傾きが変わったのでは?とも思えます。
なので、歯の側面が見えるようになったのでは?とも考えられます。


調整時に質問をしました

奥歯の位置が後方へ移動した様にも思いましたが、そもそも(別のお医者様にですが)移動が難しいと言われていたので移動については半信半疑でした。
あごの角度が変わったのかなぁ?とか、傾きが変わったのかなぁ?とも思いました。

悩んでしても仕方が無いので、調整時に思い切って先生に訪ねてみました。「奥歯が後方に移動していませんか?(側面が気になったので)奥歯だけ歯の列から離れて見えませんか?」と

すると先生は、「内側にあった歯(5番です)が外へ移動する際に、両脇の歯を押しのける形で歯列に入ってきているので、奥歯が動いてしまう可能性があります。」と仰っしゃいました。

歯のイラストをもう一度見るとよく分かりますので同じものを再度載せます。

©さんがつの歯科矯正を始めます 歯科矯正のイラスト

真ん中の黄色のラインにかかっている歯の1つ上側の歯です。
矯正前は歯の内側にありますが、右側のイラストでは、歯列に馴染んでいます。

行列に横入りする様な感じで、歯を押しのけて入り込んだという感じで両脇の歯を押し出す力が加わったと考えれられます。

また、「奥歯にはまだ装置を付けていないので、(奥歯だけ)他の歯の列とズレてしまう時期が有ります。」とも付け加えて教えて下さいました。

1月17日の「広い?」と書いたイラストでは、奥歯の横面(側面)が大きく見える様に感じましたのでその辺りの見た目の違和感は本当に移動があっての違和感だという事でした。



最後に

という事で、後方へ移動しないと思っていた奥番ですが、奥へ移動している可能性がとても高いという事でした。

つまり親知らずで押し出されたと思われる歯列が、本来の正しい位置へ戻りつつあるという事です。

もしかしたら矯正後は、噛み合わせが変わって輪郭が少し変わるかも知れない?と期待が高まった調整でした。




関連する記事(一部広告を含みます)

コメント