歯科矯正の漫画 23 記念撮影?編 「親知らずのレントゲンと矯正の写真撮影」

歯科矯正の漫画23 記念撮影?編

歯科矯正の漫画23 記念撮影?編

歯科矯正の漫画23 記念撮影?編



今日は「歯の写真」関連の漫画になります。

1つ目の漫画の通り、私はあまり歯医者さんというもの縁が無くて、歯のレントゲンを撮るという事が殆どありませんでした。




しかしこの歳になって親知らずを抜歯する事になり、レントゲンを撮ってもらいました。

初めて自分の歯のレントゲン写真を見た乾燥は「もの凄い傾むいているなぁ~」と「親知らずが本当に横に倒れている」でした。

親知らずの抜歯理由については下記にてご覧下さい。
横向きに生えた親知らずを抜歯する理由と口腔外科での治療

何だかブログにのネタ的にも良さそうなのと、横向親知らずの記念にもなりそうなので、スマホで撮らせてもらいました。
あっさり承諾して下さいましたので、写真に撮る人が多いのかもしれませんね。


そういえば、歯科矯正の医院でも自分の治療前の歯型の模型の写真を撮らせてもらいました。「分りにくいので、真上から撮ると良いですよ!」とアドバイスを頂いたのでこちらも記念に撮る方が多いのかもしれませんね。

今になって思えば、抜歯前の写真は記念に撮っておいて良かったなぁって思います。
ブログで使う事も出来るのですが、歯並びの比較は本当に励みにもなりますし、綺麗に並ぶと嬉しいものです。


と写真についてはこの様な感じなのですが、2つ目の漫画の冒頭は、矯正の精密な審査時のお話です。

私はピンクの粘度の様なもので歯型を取りました。これは歯科矯正ではかなりメジャーなものですが、苦手な方が多いみたいですね。

私は歯型を取るのが初めてでしたのでとても緊張しました。えずいたり、苦しかったりするのではないか?との不安です。

しかし実際には時間が数分で終わる事と、深呼吸してリラックスすればそこまで苦しいものでは無かったです。ただけっして楽だったり楽しいものではないので少々のストレスを感じます。

楽に乗り切るポイントは、
・深呼吸を意識してリラックスする事。
・変に力みすぎない事。
・舌の位置を固定する。これは、下の歯型を取る時は、舌を上あごに付けてたままにする。反対に上の歯型を取る際には舌を下の前歯の裏側辺りにぴったりくっつけておくです。

舌を動かさないを意識しているとその事を考えてしまいますので、変に歯型取りの樹脂の存在が目立たなくて良いと感じました。

実は1回目に舌の位置をどうしていいか分らず、変に浮かせたままにしてしまい、樹脂を押したようで歯型取りを失敗しています。2回目以降は舌を固定する事に専念したので、あっという間に終わったと感じました。
苦手な方は参考にしてみてください。

続いて、変な横顔の図。これは横からの断面図の様なもので、顎の位置やら歯の位置を見る為に出来たものです。先生から説明がありましたが、何だか忘れてしまいました。

平均的な位置と、自分の顎や歯がどのくらいのずれが有るかをみる?だったかと記憶しています。矯正歯科の先生はこのデーターを元に治療の方針を決めるという部分もある様ですので、取らずに治療方針を決めるというのは少し問題があるかもしれません。

この部分は、最初の精密検査の診察代(4万~)でかかった部分です。患者側からすれば精密検査の代金が高いと感じますが、精密な検査もしないで治療する方が不安ですので必要な費用で妥当なものだったと今は感じています。

そして最後のコマ。

歯並びの悪い人は笑顔の写真が苦手ではないでしょうか?私も笑顔の写真が苦手で、はにかんだ写真しか撮っていませんでした。
「この写真が記念になるんですよ~!」と言われて、かなり頑張って笑顔の写真を撮りました。色々な項目でこれが一番苦手だと感じましたし、出来上がりの写真にショックを受けました。

ですが、治療が進むにつれ何だか良い思い出の様な気もします。
数十年、歯並びに悩んでいたのですが、この10か月程でかなり綺麗に並んでいます。
こんなに早く綺麗になるのなら、もう少し早い目に始めていれば良かったなぁとも思います。

歯科矯正を悩んでおられる方がいらっしゃいましたら前向きに検討して頂きたいなぁと思います。
一番の問題は矯正費用の金額だと思いますが、「自分に投資した金額は収入に比例する」という話を聞いたことがあります。歯科矯正の理由は様々ですが、自分に投資するという気持ちで治療を進めるという考え方も悪く無いと思います。


次の漫画は・・・

歯科矯正の漫画 24 「歯科矯正で思うこと編」 






コメント

匿名 さんのコメント…
はじめまして。ちょいちょい覗かせていただいています。

私40代後半で矯正中。
そして《親知らず》を《奥歯》にする予定です。
こんな症例のブログがなかなか無くて・・・ここを見つけられて嬉しい (〃▽〃)
私の通う矯正歯科で聞いたところ、上下の噛み合わせの関係で親知らずを活かせる場合が少ないそうです。
なので、「無い事は無いが、ほとんどやらない」との事。

私の場合、もともとの歯並びはパッと見た感じ綺麗で褒められていましたが、20代後半の頃から下の左右1・2がガタガタになってきました。
歯茎に埋まって見えなかったのですが、左右の親知らずが真横に生えて前に前にと押してたのです。

噛み合わせが狂ったせいなのか、肩こり・頭痛が酷い・・・子供も手を離れ、自分に
時間をかけられる今、矯正して噛み合わせを整えようと思いました。

上下にワイヤーを付けて1年5ヶ月。
奥歯にする予定の《親知らず》に装置を付けたのは今月!
ここだけはワイヤーではなくパワーチェーンで引っ張っています。

まだまだ先は長い・・・

そんなワケで、親知らずを奥歯にするレアな人、ここに居ます。
お互いに頑張りましょう。

これからもブログの更新を楽しみにしています。
さんがつ さんのコメント…
匿名さん、コメント有難うございます!!

更新を楽しみにだなんて・・励ましのお言葉を頂けてとても幸せです!


コメントに頂いた通り、私も調整の度に感じるのですが、矯正では噛み合わせをとても重要視されていますよね。

奥歯は機能的にも重要な歯と言われています。
確かにここが噛み合わないと体の不調が出てきそうな気もします。

実際に頭痛、肩こり、そういった要因にもなる可能性はあると言われていますよね。
私もそういった症状があるので歯が並んで改善すればいいなぁって、少し期待しています。

匿名さんは1年と5ヶ月経って親知らずに装置を着けてパワーチェーンで引っ張り始めたのですね!
一概には言えないですが、「ようやく装置が付いた!」というお気持ちが大きいのでは無いでしょうか?
ご存知だと思いますがパワーチェーンは地味な感じですが、じんわりと良い仕事をしてくれる装置の様なので今後の歯の動きが楽しみですね!


親知らずを奥歯にするレアな人(笑)・・・確かにいらっしゃいましたね!
一緒に頑張っている仲間を見つけた様な気持ちです!!


これからも頑張ってサイトの更新も治療も続けていきますので、また遊びに来て頂きたいです。コメントも大歓迎です。

これからもどうぞよろしくお願い致します。