矯正開始約7ヶ月後の噛み合わせ 大臼歯が合ってきた

今回は、噛み合わせです。
噛み合わせといえば、「魔法使いの嫁のエリアス」を思い出します。


©さんがつの歯科矯正を始めます イラスト

矯正開始約7ヶ月後の噛み合わせ 大臼歯が合ってきた

矯正前の噛み合わせと正しい噛み合わせ

矯正前のかみ合わせについては、以前にご紹介しました。


歯の噛み合わせについて 治療前の私の噛み合わせについて


上の歯と下の歯が同じ位置にあって、咬み合っていないような状態です。


正しい噛み合わせは、


歯科矯正のイメージ画像 歯並び

この様に「ぎざぎざ」という事でしたね。


矯正開始約7ヶ月後の噛み合わせ

では、その後の噛み合わせです
右側


©さんがつの歯科矯正を始めます 歯並びのイラスト

左側

©さんがつの歯科矯正を始めます 歯並びのイラスト

歯の向きが分かりやすいように装置の絵も一緒にしています。全体的にがちゃがちゃして噛み合っていない様に見えるのですが・・・?


装置を除いてみる

上のイラストでは、噛み合っていない様にも見えますが、何となく位置が変わってきているように見えますので(少々気になるので)、装置を除いたイラストを並べて「歯の位置」を重点的に比べてみたいと思います。

まずは、治療前の右を載せてみます。


©さんがつの歯科矯正を始めます 歯並びのイラスト


奥歯が上下殆ど同じ位置という事でした。


続いて、現時点での歯の噛み合わせの様子です。


©さんがつの歯科矯正を始めます 歯並びのイラスト

なんと!上下の位置がそれなりに良い位置に来ている様です。

そうです。
正しい噛み合わせは、上の画像にも有る様に「2本の歯で1本の歯を受け止める」という感じで、互い違いにぎざぎざに重なるのが正しいのです。


上の6番を抜いた位置に7番と5番がそれぞれに寄ってきて、丁度下の6番の上の真ん中辺りで噛み合うようになって来ている様に見えますね。



上の右の6番の抜歯後は、厳密に言うとまだスキマが存在します。
殆ど埋まって来てはいますが、まだぴったりと並んではいません。

これからもその抜歯跡に、7番と5番が寄る形で移動するのだと思います。

また、8番の親知らずを引っ張り始めたという事もありますので、5番よりも、7番と8番が寄ってくる方が正しいのかしれません。


という事で、噛み合わせをメインに歯の様子のご紹介でした。

私自身もこのような形で客観的に歯の移動を知れて良かったです。


0 件のコメント :