歯科矯正の3回目の調整について 矯正開始4ヶ月の歯の様子

先日、歯科矯正の3回目の調整に行ってきましたのでご紹介します。




歯科矯正の3回目の調整について 矯正開始4ヶ月の歯の様子

歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます

右上5番の様子


歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます

ネックになっていた右上5番が下の歯より外側へ随分動いていました。
日に日に動いているようで、調整日当日にはかなり外側に来ていました。


上の歯列の様子

口内を撮影してイラストにしたものがコチラです。



歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます


5番の位置もかなり動いているのですが、全体的にワイヤーのアーチも丸くなってきている様な気がします。


1番最初のイラストがコチラですので、5番の移動量と全体的に整って来ているのがわかります。


歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます


下の歯列の様子

そして、待ちに待った下のワイヤーが着きました。

歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます

いつもは、歯並びを見やすくするためにワイヤーを黄色にしているのですが、今回はワイヤーの様子をわかりやすくするために赤色にしてみました。


かなりぐねぐねしています。
正面から見ても上下にうねっていますので、かなりのがちゃがちゃ具合です。

上の歯並びの方が酷い様に思っていたのですが、下の歯並びもなかなかの具合でした。


ワイヤーを着けたあとに、先生が「かなり歯の重なりが多いので痛みが出ます。」と断言されました。

また、「2〜3日・・・・うん3、4日か5日程、痛みが続くと思いますが、我慢して下さい。」との事でした。

初めて上の歯に装置がついた時は「うどん」も噛めない位の痛みが出たので、覚悟はしていたのですが、上の歯よりも痛みが出るよと言われて少し怖いなぁと思いました。

なのですが、当日の夜に痛みで眠りが浅くなった事と、翌日の食事の際に痛みが出た程度で、2日後には慣れてしまいました。

痛みに強い方だとは思っていたのですが、そうなのかもしれません。

あと、ワイヤーが一番細いものだそうで、そんなに痛みが出ないのかもしれませんね。



という事で今回は歯の様子とワイヤーの様子を中心に書いてみました。

長くなりましたので、調整時の説明や右上5番の歯茎と歯の様子については、別の記事にてご紹介したいと思います。



0 件のコメント :