歯科矯正開始より5か月 奥歯の抜歯跡が小さくなってきました

今年の2月に装置を付けて約5か月程経ちました。

歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます

調整日はもう少し先なのですが、現在の歯の様子をご紹介したいと思います。




いつも通りイラストを書いてみましたのでよろしくお願いします。


歯科矯正開始より5か月 奥歯の抜歯跡が小さくなってきました

上の歯列が随分揃ってきました


7月2日の様子がこちら

歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます

始める前がこちら

歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます

右側(向かって左)の5番の移動量が凄いですね。

その5番ばかりに目が行ってしまいますが、地味に左側(向かって右)の歯列のデコボコが滑らかなアーチ状になってきています。

右側の抜歯をした7番の位置は、「6番を後方、8番を前方に動かして埋める」そうです。


下の歯列はあまり変わりなし?


7月2日の様子がこちら


歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます

始める前がこちら

歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます

こちらは、まだワイヤーを通して一か月程度ですので、あまり大きな変化は見えませんね。


下側はワイヤーの破損があり交換

先月、ワイヤーの破損と誤飲?の事故があり、6月の21日に一段階太いワイヤー交換しました。



では、処置の内容を少し詳しくご紹介します。


まず破損前は、初めてワイヤーを通すという事と、歯並びのでこぼこが大きいとの事で

・通しやすいワイヤー
(太いものは、ぐにゃぐにゃの形で通すのが難しいそうです)

・痛みの軽減
(これも太いと矯正力が強いので痛みが出やすいそうです)

上の2点を考慮して頂き、一番細いワイヤーを通していました。


破損があった場所は
歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます
こちらの5番と6番の間です。

装置と装置との間が他の歯より広い部分でしたので、ワイヤーを手で押すと「たわむ」ような感じでした。
ですので、余計な力がかかりすぎ、折れてしまったようです。

そして、破損が起きて取り替える時に、「目には分らないだろうけど、少し歯が動いているので、太いワイヤーを通す事が出来るかもしれない。」と言われました。

実は初めてワイヤーを通した際、先生が予想していたより、さほど痛みを感じませんでした。

また、「今回太いものに変えても、さんがつさんは痛みに耐える事が出来るかもしれませんので、一段階太いワイヤーを通す事が出来そうでしたらそのように処置しても良いですか?」との確認がありました。

私的にはまた折れても困る事と、前回は痛みがそんなに出ませんでしたので、「それで処置をして下さい」とお伝えして、ワイヤーを交換して頂きました。

そういう具合で一段階太いワイヤーへ交換して頂きましたが、やはり1か月程(太いワイヤーへ変えてからは10日程)ではあまり変化が見えませんね。

あとは、ワイヤーのぐにゃぐにゃ具合を見てみたのですが、初回の時との違いは判りませんでした。

ワイヤーの形状の具合は、このような感じでイラストにしていけば、変化が見えて面白そうなので続けていきたいと思っています。


最後に

ワイヤーの事故というトラブルがありましたが、幸いに大事に至らず矯正生活を続けています。

次回の調整日は、恐らく下の歯はこのままで様子を見て、上のネックの右側5番が中心になると思います。

調整日の数日後に一般歯科へ歯のクリーニングにも行きますので、その際に歯の状態を相談しようと思っています。


追記・・・

先日から「歯科矯正の四コマ漫画」を掲載しています。

サイト立上げ時より考えていたのですが、「読んで頂いて面白そうか?」「矯正に興味を持ってもらえるだろうか?」とずっと悩んでおりました。

そして数か月が経ち、自分の歯並びが少しずつ綺麗になっていくのを目の当たりにして「本当に矯正を始めてよかった!」と思うようになりました。

そして、矯正を考えている人や、実際に矯正中の方、またご本人以外の周りの方に少しでも矯正の事を知って貰えたら・・・と強く思うようになり、手軽に読める「歯科矯正の(四コマ)漫画」を始める事にしました。

不定期更新ですが、矯正のレポートと共に楽しんで頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。


0 件のコメント :