防災グッズにはオーラルケアも必要 歯科矯正中は特に大事

大阪で地震がありました。

私の住んでいる地域では学校が休校になったり、電車が止まったりした位でライフラインに問題は出ませんでした。



また家族も無事で、翌日からいつも通りに会社や学校へ行きました。

まだ揺れもありますし、「この一週間ほどは大きな揺れに気を付けるように」との事なので、注意をしたいと思います。


防災グッズにはオーラルケアも必要 歯科矯正中は特に大事

さて、今回は防災グッズの中のオーラルケアのお話です。

実際に被災にあったわけではないですが、先の震災の話などを聞いていますと、防災グッズの用意というのは大切な事なので我が家でもそれなりに置いています。

その中でも「オーラルケアは見逃しやすいものではあるけれど、重要だ」との事で用意をしていました。

しかし、歯科矯正を始めてから今まで通りの用意では不十分ではないだろうか?と思う所が出ましたので、少し書いてみます。



災害時は水が貴重

当たり前ですが、大きな災害があればライフラインがいつもの様には使えなくなります。

その中でも「水」というのは生きていくために必要で、洗髪・洗顔、洗濯や、掃除の様な洗浄というのは後回しになります。

その為歯磨きに使う水も、飲み水や医療行為に使用する水よりも優先性は低くなります。


災害時のオーラルケアの重要さ

ですが、人間は食べないと生きて行けませんので、当然食事という行為が出ます。
そして、食事をすると、当然「歯・口内」が汚れます。

口内が衛生的でない場合、虫歯やそのほかの病気のリスクが格段にあがります。

虫歯については初期を除いて自己修復が出来ない以上、予防の為にもオーラルケアの重要性が出てきます。

水が無くてもケア(歯磨き)が必要になります。




(こちらのサイトでは防災についての準備や、オーラルケアの大切さを説明されています。)


私が用意していたものと追加で用意したもの

矯正を始める前から、口内の防災グッズとして

歯科矯正の写真 ©さんがつの歯科矯正を始めます

写真の左側の「口腔ケア ウエッティー」という商品をを用意していました。

しかし、矯正の装置が付いている事を考えますと、もう少しお手家のグッズが必要ではないか?と思いましたので、普段使っているものを防災リュックに入れる事にしました。

それが、写真の右側の「歯間ブラシ」になります。


樹脂製の歯間ブラシの使い易さ

これは普段も使っていますので使い勝手もわかっていますし、装置や隙間の挟まったものを取り除きやすいです。
また樹脂製ですので、柔らかく口内に傷がつきにくいと思います。

災害時の使い方を考えてみた

①ある程度掻き出したり、歯の表面を削いだりする。
②唾液を吐き出す。
③最後にウエットティッシュ(上の商品のようなもの)で拭くか、デンタルリンス等でゆすぐ。

という感じでお手入れが出来そうです。

装置が無ければティッシュの様なものでお手入れが出来そうですが、もう少し細かい所を綺麗にしたいなぁと思い追加しました。

とても小さいので携帯にも便利

あとはとても小さなものですので、携帯をするのに便利です。
追加で用意しても、防災リュックの中の隙間に入りそうです。

普段は水ですすいで再利用しますが、緊急時にはアルコールティッシュで拭くか、使い捨てで良いように思います。
30本ほど用意しても大きな荷物にはなりません。

歯科矯正の写真 ©さんがつの歯科矯正を始めます

最後に

あくまで想像でしかありませんが、普段の使用方法から緊急時にどう使えば効率が良いかも考えたり、準備したりするのは大切な事だと思いましたので書かせて頂きました。

他にも何か良いグッズがあれば教えて頂きたいです。


私が普段に使用して、気に入っているものは・・・


上のものなのですが、防災用で準備をしているのは下記の商品です。
(両方とも併用で使用しています。細かな所は上の方が使い勝手が良いのですが、持ち手が大きいので下の商品を防災グッズに入れてみました)



また、こちらは先の方で紹介した商品です。
 

お近くの店舗にもあると思いますので良ければチェックしてみて下さい。


0 件のコメント :