歯科矯正の1回目の調整から約二週間後の状態

実は、「1回目の調整後直ぐに、5番の歯が以前とは違う位置に動いているのではないか?」という様な気がしていました。





歯科矯正の1回目の調整から約二週間後の状態

歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます

「上の歯の5番の移動の為に、右側6番を抜歯後、直ぐにワイヤーを通す予定だったものが1回目の調整の時まで日にちが延びてしまっていた。 」と前回の記事にてご紹介しました。

(第1回目の歯科矯正の調整に行った時のお話をは下記にてご確認下さい。)



そこで、二週間後の様子と、それからまた動いていると思われる現在の様子を書いてみたいと思います。
(補足説明:他ブログからの移動の為、過去記事の内容となっております。)

いつもの通りイラストでのご紹介ですが、あまり気持ちの良いものではないかと思いますので、気にならない方のみの閲覧でお願いします。


では早速、1回目調整後直ぐに撮った写真からイラストにしたものをご紹介です。


3月29日の状態(1回目の調整日の様子)


歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます


最初の装置が何もついていない状態よりも5番が外へ動いています。

それによって、ワイヤーが通しやすい位置に来たように思いました。
そして、当日にワイヤーが通されました。

続いて、それから約二週間後の状態です。


1回目の調整から約二週間後の状態

歯科矯正のイラスト ©さんがつの歯科矯正を始めます

セルフ写真からイラストへ書きだしたのですので正確ではないかと思いますが・・・。

上のイラストより5番が外へ来ているように見えます。


1回目の調整時に先生が、「5番が徐々に外へ動いてくると、ワイヤーが8番の方へ延びてくる様になるので、口内に刺さって痛くなったら受診して下さい。ワイヤー切断の処置をすれば解決しますから。」と仰っていましたので、5番の歯はそこそこの速さで動くのかもしれません。


という事で、現在の状態をご紹介しました。


年齢もあるのですが、歯科矯正というものは劇的な変化があまり無さそうです。

ですので、今後こういった形でご紹介が出来るかどうかは分からないのですが、矯正期間中に気づいた事は、出来るだけお知らせしたいと思いますのでよろしくお願いします。


0 件のコメント :