横向きに生えた親知らずの抜歯 理由と病院選び編

歯科矯正を始める前から、「親知らずをどうにかしたい! 」との事でクリニックを受診しました。



今日は親知らずの抜歯について書いていきます。

長くなりそうですので、何度かに分けていきます。


歯科矯正の写真 ©さんがつの歯科矯正を始めます

実際の私の歯です。下の歯の親知らずが、横向きに生えています。
上の歯は、真っ直ぐではないですが、下向きに生えています。


横向きに生えた親知らずの抜歯 理由と病院選び編

なぜ親知らずを抜くのか?

私の場合、横向きに生えている歯がどんどん頭を出してきて、 歯磨きが大変な事と噛むのに違和感が出てきたからです。

あとは、親知らずのが原因かどうかはわからないのですが、顎の形が変わってきたからです。

私には右だけが角ばった非対称な輪郭に見えていました。

親知らずを抜けば小顔になるという噂もあったので、丁度良いかも!という軽い気持ちもあって抜歯はスムーズに決まりました。



横向きの親知らずは抜歯が良い

横向きに生えた親知らずは、抜いた方が良いと思います。

経験上でそう思ったのですが、色々と調べてますと、やはり、虫歯のリスクが高いそうです。

大事な奥歯が親知らずによって虫歯になる事を考えますと、早い目に抜歯したほうが良さそうですね。

また、噛み合わせにも影響します。(これも経験上のお話です。)



口腔外科のあるクリニックを選びました

「横向きに生えた親知らずは、一般的なクリニックでは難しい。」

と聞いた事がありましたので、家から近くて、比較的評判の良さそうな口腔外科のあるクリニックを選びました。

結果的にはとてもスムーズに親知らずの抜歯ができましたので、良かったです。


実は歯科矯正を始めるにあたり、スペース確保の為に親知らずで無い歯を抜きました。

その際、受診したクリニックは一般歯科だったのですが、抜歯についての説明時に、「もし、歯の状態で抜くことが困難だと判断した場合、こことは別の病院(大学病院)で抜く事になる場合があります。」と言われました。

ですので、横向きの親知らずの治療は口腔外科のあるクリニックをお勧めします。



親知らずを抜いて良かった事

親知らずを抜いて、本当に歯磨きが楽になりました。

食事時に、横向きの親知らずと、奥歯の間にモノが良く挟まっておりました。

歯ブラシでは取れず、歯間ブラシで掻きだすように掃除していたので、大変でした。


また、変な噛み心地が無くなりました。

恐らくですが、横向きの親知らずが奥歯の高さよりも高いくらいに飛び出していたと思います。

抜いてから、本当に噛み心地が変わりました。



最後に

歯科矯正を始めるにあたり、「横向きの親知らずは抜歯するように指示があったので、矯正の為に抜歯をしたのですか?」と思われるかも知れません。

ですが、「矯正治療をしなくても抜歯をしていた。」と思います。


時系列で言いますと

①横向きの親知らずが気になっていた
  ↓
②どんどん出てきた?のかな?
  ↓
③歯磨きや手入れが大変になってきた
  ↓
④何だか顔の形が変わってきた?
  ↓ 
⑤抜歯した方がいいかもしれないと思いだす
  ↓
⑥どうせ抜歯するのなら、歯並びも一緒に見てもらおうと思う

⑦受診と並列で矯正相談を始めた

になります。


親知らずは、虫歯になったり痛みが出なかったりすると、中々診察までには至らないと思います。(私もそうでした)

ですが、出来れば早めに受診して医師の診察を受けた方が良いと思います。


そして横向きの親知らずは、ご自身のタイミングもありますが、「色々な影響が出る前に!」なるべく早い目に抜歯する方向で考えた方が良いと思いました。


0 件のコメント :